GOOD STORY AWARD 受賞エピソードを公開!

GSAロゴ

「GOOD STORY AWARD」とは?

gifteeを利用して「ギフトを贈った時」または「ギフトを貰った時」の印象的なエピソードをご応募いただき、そのエピソードの中から「共感できる」「自分も体験したい」という支持を多く集めたものとして

GOOD STORY AWARD グランプリ:1エピソード
GOOD STORY AWARD 特別賞:2エピソード

を決定するイベント。2019年9月にエピソードの募集を行いました。

その後ギフティ社内にて、グランプリ候補としてまず「3エピソード」を選定させていただき、2019/10/18(金)〜2019/10/19(土)に有楽町マルイで開催されたギフティのイベントブースにて掲載。最終投票は、ブースに来店されたお客様によって行われました。

イベントのレポートはこちらから

受賞エピソードのご紹介

約1,000名の方に投票にご参加いただいた結果、グランプリに輝きましたエピソードはこちらです!

「反抗期とお弁当」

息子が反抗期に入った。
言葉が荒いのはまだ良いとして、一番堪える仕打ちは、作ったお弁当を意図的に置いていくこと。
成長期なのに…。

その朝も、定期テストの結果を見せないことで、私たちの間には険悪な雰囲気が漂い、家を出たなと思って玄関を見ると、お弁当はわざと置かれたまま。

息子は遠方に電車通学で、私も仕事で届けには行けない。
以前はお小遣いでパンを買っていたらしいが、間の悪いことに今日はお小遣い前日。
きっと財布にはパン代もない。

ふとひらめき、gifteeでコンビニのお買い物券を贈った。

数分後に届いたのは「ありがとうございます」のメッセージ。
どんなに反抗していても、きちんとお礼を言える子になってくれたんだ、と胸にこみあげてくるものがあった。

まだまだ子育ての真っ最中。
でも「あの一言が言える彼だから」と信頼しているのは、本人には内緒のはなし。

story by 栗鼠之助

続きまして、特別賞に輝きました2エピソードもご紹介させていただきます!
「日々の感謝といたわり合うふたりに」

バイト先で密かに気になっていた先輩。

週に数時間だけシフトの被る日はありましたが、ほぼ接点がなく、
時々引き継ぎのメモでやり取りするくらいでした。

ある日、仕事中にどうしても現場のスタッフでは解決できない問題が起き、
急遽先輩に電話をすることに。
無事に問題は解決。
しかもその時「いつも頑張ってるよね。冷凍庫に僕用に買ったアイスがあるんだけど、
よかったら1個どうぞ。」と、思いがけないプレゼントをいただきました。

業務メモでは感謝を伝えきれない、でもいきなりご飯に誘うのも違う…
と悩んでいた時、gifteeを知りました。

予め好きだと聞いていたコーヒーのギフトを、思い切って送信。
すると彼から「僕からもお一つどうぞ」とgifteeでギフトをいただき、お返し合戦。(笑)

以来距離が縮まり、めでたくお付き合いすることに!
これからも、日々お互いにいたわり合う気持ちを大事にしていきます。

story by ナツヒロ
「ごめんねの代わりに」

夫とささいな事で喧嘩になった時。
私が悪いとわかっていても、ごめんねが言えず…

お互い素直に謝れない性格だとわかっていたので、結婚前に約束をしていた事があります。

「カフェに誘っておごる」

これが私達夫婦の、ごめんねの代わりです。

ですが喧嘩中は素直になれず、なかなか誘えません。
そんな時にgifteeでカフェのドリンクチケットを送ります。

「ほれよ」

添えられたのがこんなに可愛くないメッセージでも、仲直りができます(笑)

おかげで喧嘩が長引かずにすみます。
これからもお世話になりそうです。

story by めー

他にもご応募いただいたエピソードには

・なかなか会えなくなってしまった学生時代の友人
・営業担当とお得意先のお客様
・母と就職活動中の娘
・母校で部活に励む後輩たちとOB・OG
・オンラインで共通の趣味を通じて知り合った仲間

など、様々な繋がりを持った方同士の、ギフトを通じた温かいコミュニケーションが綴られていました。

「喜んでくれるかな」
とドキドキしながら贈る気持ち。

「何かギフトが届いた!」
とワクワクしながら受け取る気持ち。

そんな気持ちと共に、これからも世の中にたくさんの素敵なギフトストーリーが生まれることを願いながら、これからもサービスを育てていきたいと思います。

改めまして「GOOD STORY AWARD」にご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました!